新月記事におもうこと

はじめにお知らせです。

本日(7/10)開催予定だった「ゆるんで整う☆イヤーフープWS」は

都合により中止(延期)となりました。

次の日程についてはまた決まり次第お知らせいたします。

 

 

★☆★☆★

 

今日は星の話をしましょうか。

 

私は新月満月に関する記事をあまり書きません。

書いていた時期もありましたけど、私自身が月のリズムをそんなに重要視していないというか

【世間一般の人に向けて書く】ということにあまり興味を持てないから。

 

星の影響はあると思ってます。だって占い師で星を読んでるんだし。

 

【あなたにとってどうか】【私にとってどうか】のほうに、より興味と関心があるだけです。

世間一般の人に向けてということなら、木星や土星とトラサタ天体などの

社会天体・世代天体の影響の方がうんと反映されやすい、とも思っているので

山羊土星の時代には、牡牛天王星になったら、ということの方がうんと関心があります。

 

 

満月新月記事を書かない理由のひとつに、書いていらっしゃる方がたくさんいるから

というのもあります。新月が近くなってくるといろんな人の新月読みが

タイムラインに上がってくる。

こんなにたくさん記事を書く人がいるということは、それだけたくさんのニーズがあるのだな

と理解するけれど、私にはどう逆立ちしても甘い夢みたいな記事は書けないやと思う。

 

毎月毎月、「運命の扉が開く」とか「次元上昇の波に乗る」とか「使命を果たす時」とか来ないし。

違うな。正確にいうと

「運命の扉が開く」のも「次元上昇の波に乗る」のも「使命を果たす時」も

それらは新月満月に関係なく、いつでもあなたや私の目の前にある、と思っています。

大事なことは、今はそんな時期なんだ、すご〜い♡って喜んでるだけじゃなくて

そのために何ができるか考えたか・何をしたか、じゃないでしょうか。

 

いくら恋愛運が良い時期でも、家でDVD観ていたら恋は芽生えませんし

断捨離すると運気が変わると”知って”いても、実際にモノを片づける作業をしなければ何も変わらない。

そういうことです。

余談ですが、私は鑑定の時とかお客さんに「私の使命ってなんですか?」と聞かれると、

使命は人に教えてもらうものではないし、仮に教えてもらったら今ここからその使命のために人生賭ける覚悟ありますか?と小一時間問い詰めたくなる衝動にかられます。

 

運命や使命や神や天使や宇宙やパラレルワールドなど、信じてないからじゃないです。

在ると思っているから、だからそのために動くのが大事と信じてるんです。

 

 

話が飛びました。

新月や満月にロマンは求めていませんが、地球上に生きる生物として影響は受けています。

グレゴリオ暦が普及する前は、月の満ち欠けに則った暦を用いて生活が営まれていましたし

特に女性にとっては、毎月の生理や出産など、体のリズムとは密接な関係があります。

現代の社会で生きているスピードを、ときどき本来の生きるリズムに合わせてみる。

新月や満月はそのきっかけに使っていくといいのではないか、と思っています。

 

 

12日(木)は「蟹新月に向けて〜星読みとカードのWS」

蟹新月にはどんな意味合いがあるのか

あなたにとってどんな影響があるのか

この新月があなたに何をもたらすかを、インナーチャイルドカード3枚引きで

 

簡単な星読みの解説もしますので、占星術の知識がなくても大丈夫です。

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:56 | 星のこと | - | -

会場はこんな感じです

さあ!

 

いよいよ今週末になりました。

八雲あかねオフィス開設1周年記念イベント『触れて、変わる』

 

引き続きお申込みを受付している企画もありますが

ここまでお申込み頂きました皆様に

 

◎詳細な場所のご案内

◎お申込みいただいた日にちと企画のご確認

 

をそれぞれメールで送らせていただきます。

(7/8 天海玉紀先生と比奈優里先生のコラボ鑑定につきましては

個別のご案内は玉紀先生の方からになるかと思います)

 

私は、基本的には毎日在室している予定ですが

鑑定メニュー(7/6 ミズマチユミコ先生、7/8 コラボ鑑定、7/11 ヒラタマリコ先生)の際

時間帯によっては、私が在室しないこともありますので

せっかく来てくださるお客様が不安にならないように

室内の様子などお知らせしたいと思います。

 

仝軸

 

鑑定の際は、目安として予約時間の10分前くらいにお越しいただければと思いますが

電車の都合などで早く着いてしまった場合もあるかと存じます。

暑い時期ですし、中に待機用のスペースをご用意していますので

どうぞそのままお入りください。入室の際インターフォンは不要です。

 

待機場所

玄関を入ってすぐ部屋(台所)または

 

その奥の部屋に椅子をご用意していますので座ってお待ちください。

どちらの部屋になるかは、その日の部屋の使用状況などによって変わることがあります。

 

0み物

お客様用に飲み物のご用意があります。当日はたぶん紙コップ。

 

ご用意しているのは

冷たい麦茶(冷蔵庫の中に入れている予定) と

今回のイベント用にブレンドしてもらった「まったりブレンド」のハーブティ

こちらは温かいものをポットでお出しします。

お好きな方をご自由にどうぞ。

 

皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!

 

Posted by 八雲あかね at 18:07 | 星のこと | - | -

物想う夏

7月になりました。

1年半分終わったのか・・(白目)

 

 

 

双子の真ん中あたりから蟹の真ん中あたりにかけては

私のネイタルチャートでは8ハウスに該当します。

ここには天体は全然ないのですが

射手終わりから山羊の初めにかけて天体が多い私にとってはオポジションの関係になり

なんとなくこの時期はいろいろと8ハウス的な出来事や思いをに見舞われることが多いです。

 

父の命日もこの期間なので、法事とかで親戚や家族が集まったりする機会が多いというのもある。

今年は十三回忌法要があって娘が帰省して来たり

そのあとすぐ今度は従兄弟の訃報があったりと特に8ハウス色が強かった気がします。

出来事だけじゃなくて気持ち的にも

以前よりは少しだけ実家との関係が変わった分、向き合う気持ちが変化したのもある。

 

前だったらたぶん、法事は《仕方なしに参加しなくてはいけない面倒な行事》だったろうし

娘にも「無理して帰らなくていい」とか言っていただろうと思う。

母から小言をもらうのは変わらないんだけど、距離が近くなった分

考えていることとか愚痴とか体の不調も聞くようになったので

小言の裏に隠れている想いまで含めて聞けるようになった、気がする。

 

娘が帰省していた時、半日だけ家族4人が揃う時間があって

(と言っても夜だから夕飯を一緒に食べて一つ屋根の下で寝ただけだけど)

あと何回こうやって一緒に過ごせるのかなと思った。

同様に実家で母と話しているときも、あとどれくらい・・と考えることがある。

親もそうだけど自分も年を取ったせいか、いつかは終わるということを意識するようになった。

 

終わりを意識すると、なんでもうちょっとはやく気がつかなかったのか

なんでもっとちゃんと向き合ってこなかったのか、と

たくさんの過ぎてしまった時間を無為に過ごしてしまって

「親とか他人とか煩わしい。私は私のやりたいようにして何が悪い」とスカしていた自分にたいして

後悔のような懺悔のような気持ちでいっぱいになる。

 

 

これは蟹が持ってくる、あふれんばかりの「心や感情」の波なのか

算命の中心星である「貫索星」から西の「司禄星」へ、自分の意識がシフトしたからなのか

よくわからない感情に溺れそうになっている今。

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 11:29 | 星のこと | - | -

愚直に地道に徹底的に

今日は山羊座の満月でしたね。

 

先日、「龍の人」のお話をする機会があって、

 

出し惜しみしないで全部出し切る というのと

 

やって失敗したことはマイナスにならない(経験値として残る)けれども

やらずに諦めると、何をやっても何を選んでも「あれをやっておけばよかった」という

後悔が足を引っ張るからゼロじゃなくてマイナスになる。

 

外に光を求めるのではなく、自分自身が輝くこと。

好きなことを、やりたいことを、ただやる。

 

という内容のことが特に印象に残っています。

 

 

仕事でも遊びでも、自分が今やっていることを全力で。

シンプルだけど、すぐに忘れてしまいがち。

 

満月の瞬間は

先日一緒に参拝した人が集まったので、自然とその時の話題になって

いろいろ振り返りする時間になりました。

 

 

 

今日のおもてなし

 

獅子レディがソラリタを受けに来てくれたので

先日作ってもらった「華やかブレンド」を、一足お先に味わってもらいました。

 

お湯を注ぐと綺麗なブルーになって、だんだん色が変わっていくので

お客さんの目の前で淹れるといいな、と思いました。

ブレンドしてくれた人によると、レモンなど柑橘系の果汁を入れると

ぱっとピンク色に変わるそうなので、次回はそれも試してみたい。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:27 | 星のこと | - | -

獅子金星のしわざ

この前、携帯を機種変更しました。

 

プライベート(家族の連絡用)に持っていたものが本体容量3.5Gしかなくて

ラインしか使ってないのに、アプリが重いから削除しろとかメッセージが出る。。

それでは本末転倒だよね、ということで。

新しくなった機種は32Gあるので十分。

 

新しい携帯を手にしたら、ついつい悪い癖が出て

仕事用のiphoneも新しいのがいいよね〜という衝動に見舞われました。

(使いこなせないけど新しいものが好きな3ハウス水瓶木星)

 

携帯が新しくなったらケースも必要ですよね、ということで

いろいろネットで探していました。

普段持ち物はシンプルなのが好きなのですが、今回はどうもキラキラに目が行きます。

 

 

わー可愛い!とついポチってしまいました。

左はプライベート用。金色だけどシンプルなやつ。

右はiphone用、確かにすごく可愛い。持ってたら女子力も上がりそう。

 

でも残念なことに重い。

今回、iphone6sを8plusにしたので、本体も重くなったうえケースも重い。

もう肩に無理がきかないお年頃なので、せっかく買ったけど近々シンプルなケースに替えます。

このケースをつけているときに会えた人はラッキー♪ということで。

 

 

今回なんでこんなに派手派手しいものに手が伸びたのかな?と思ってチャートをみたら

トランジットの金星が獅子座にいて、ネイタルの月の上にいました。

 

私のネイタルは獅子月とドラゴンヘッドとMCが合なのですが

どうせ金星が乗るなら『人気』とか『モテ』で使いたいよな〜なんて思いながら

仕事に行ったらば、見事にモテました。

 

今日は小さいお子さんをお持ちのお母さんからのリクエストで

「お母さんと子供のための月水星講座」だったので

1〜2歳の男の子が4人いて、なぜか今日は子供がわらわらと寄ってくるw

講座の前後に、抱っこしたり遊んだり、

自分の想定していた「モテ」とは違う形でしたがみんな可愛いかったのでOK。

 

こっそり、孫がいたらこんな感じなのかなという疑似感覚を味わってきました。

 

 

でもでも本当のことを言うと、イベントにたくさんお客様が来てくれるという「モテ」が欲しい

 

 

Posted by 八雲あかね at 22:42 | 星のこと | - | -

2018年夏至

去年の夏至の日は、オフィスの入居日でした。

不動産屋に行って鍵を受け取り、荷物を搬入する予定なのに

朝から猛烈な吹き降りで、よりによって今日こんな天気でなくても。。とぼやきながら

車と部屋を何往復もしたことを憶えています。

 

あの頃は頭がちょっとイカレていたので、21日(夏至)に入居して24日(蟹座新月)に

オフィスオープンという、ベリーハードな日程を組んでいて

今思い返してもあのときのバイタリティは凄かったな、と思います。

 

 

そして今日。2018年の夏至はまたまたどういう因縁か不思議なイベントに参加して来ました。

 

引き当てたおみくじ。

 

 

 

龍にとても深いゆかりのある方がいらして、「その方をお招きするイベントをやろうかどうか迷っている」と知人に相談を受けたのは先月のこと。

誰かのためにじゃなくて、自分が面白そうと思うならやってみれば?と話した翌日

やることに決まった!日にちは6/21の夏至の日になった、と連絡があり

必要なことは凄い速さでトントンと決まっていくのだな〜と感心しました。

 

あかねさんも来るよね、と誘われてOKしたものの

お招きするのがどんな人で、何人くらい集まるのか、誰が来るのかとか一切知らないまま

この日を迎えました。

 

イベントは21日なのですが、前日の夜からの前乗り組がいらっしゃるということで

私はそちらから参加になっていました。

 

密会(同室でお泊りの)相手は愛ちゃん

笑顔がステキなシェフの見事な鉄板さばきを見ながら舌鼓

 

皆さんが「龍の人」と呼ぶ方は、おしゃれでダンディな紳士で

食事の後はその人の部屋に集まって、日付が変わるくらいまで濃ーい話に花が咲きました。

私、これまであまりスピ系の集まりとか、天使が龍がという話を聞きに行くということを

したことが無く、当日その場に行くまで自分はなぜ参加しているんだろう?と考えていました。

 

でも巳の日の生まれだし、「八雲あかね」の命名の際には実はこっそり龍が仕込んであるし

もしどこかにカテゴライズするのだとしたら龍系が一番近いのかなと認識していたことと

なんとなく自分の中でまだ眠っている茫洋とした海王星領域を使えるようにするのに

何かヒントがあるのではないかな、と思っていたのでした。

 

 

「龍の人」のお話をたくさん伺う中で、普段自分がお茶会や鑑定の時に言っていることが

そんなに大きく違わない、というのが発見でした。

もちろんその知識量とか、表現の仕方は違うんだけど

言おうとしていることは同じようなことだな、と気がついて

だったら今自分がやっていることは間違っていないんだな、という気持ちも強くなりました。

 

そして今日。

竹島の桟橋に集合してみんなでお参り。最終目的地は八大龍王神社

大きく募集もしていないのに15人もの人が参加したそうです。

 

言われていることは本当にシンプルで

◎外の期待や評価にフォーカスしない

◎出し惜しみをしない:息を吐ききる、感情を出し切る

◎自分の人生を生ききると決めたら、内側から輝く

というようなことです。

 

ランチの後おみくじタイムがあり、その人はいつも何十枚もの《メッセージを書いた紙》を持っていて

好きな数を言うと、上から順に数えてその番号にあたった紙をプレゼントしてくださいます。

私が引いたのは「はい♡」

そこにいた人たちが、あかねさんぽい〜といってくれました。

 

もう変化球はいらない。言葉ももっとシンプルでいい。

私が心からYes!と思うことを発信すると、相手もそれをYes!と言う(受け止める)

そんな意味合いがこもっているそうです。

何か言われたら、元気にはい♡と答える予定です(あくまでも予定)

 

 

1年の中の大きな節目である夏至、山羊子の私にとっては対抗する蟹シーズンの始まりで

なんやかやと影響も大きい。

そんな日にいつもとちょっと違う特別な時間を過ごせたのはとても幸せなことです。

今すぐにはわからなくても、あの時のあれがこうなった、と

紐付けできる時がくるのだろうなとも思います。

 

 

7月は吉方取りに良い季節なのですが

まだ行ったことのない竹生島が私にとってはとても良い方角だったので

行って来よう!という気持ちが強くなりました。

 

Posted by 八雲あかね at 16:48 | 星のこと | - | -

8ハウス的

先日、狂言を観に行ってきました。

 

隣町にある、とある保育園が「子供たちに本物を触れさせたい」という方針で

もう長いこと定期的に(2年に1回)開催されているものです。

 

前売りのチケット申し込み開始すぐに申し込んだので

前から5列目の良いお席でした。

昼の部と夕方の部とあって、

夕方の部は萬斎さんが前口上されると聞いて

(狂言てどんなことするのか、その日の演目のあらすじなどをお話する)夕方の部に。

 

 

 

家に帰ってからなんとなく萬斎さんの命式を見てみたら

石門星中殺、辰巳天中殺でした。

狂言以外に、ドラマや映画などの異なる分野で活躍の場を広げるのは

そういうことも影響しているのかなと。

 

 

昨日は、市の墓園管理事務所へ。

我が家は、お墓の区画だけはすでに持ってるんですが

核家族なのでよほどのことが無ければ、夫か私のどちらかが亡くなるまで使う予定がありません。

3年以内に墓墳を建てるか返却するかどちらかにするよう通知が来ていて

いったんは返却する流れになったのですが、墓園事務所の方にお話を伺ったら

いくつかの手順を踏めば、このまま維持できるよということなのでその手続きにいってきました。

 

 

今週末は父の十三回忌。

 

最近8ハウス的なことが続くな〜と、墓園から帰る車の中でぼんやり考えたいましたが

私のネイタルは、双子の後半〜蟹座の後半が8ハウスになるので

ちょうどそういう時期なんですね。

Posted by 八雲あかね at 10:00 | 星のこと | - | -

「こだわり」を一新する

今年は蠍座に木星が滞在していて、先日天王星が牡牛座に入ったことで

蠍ー牡牛ラインが強調された空気があります。

 

蠍ー牡牛はどちらも 所有・欲深い・執着・こだわり というキーワードを持っていて

蠍は感情面で、牡牛は物質面でそれを発動させます。

 

このキーワードだけ見たらなんだかネガティブに感じるかもしれないですが

欲って悪いものではないですよね。

人類が滅びることなく続いてきたのは、根底に三大欲求があったからだと思うし

「いまよりももっと」を望むことで、より満たされた生活を手にする原動力になってる面はある。

 

天王星というのは変化の星、境界を飛び越える星、革新の星です。

そんな天王星が牡牛座に入ったので、今まで大事に抱えていた欲や執着というもの

(これがなければだめ、こうでなくてはだめ)の意識に変化が起きていくのだろうな、と予測されます。

 

身体を変える、仕事を変える、生活を変える

私たちの生活の中に、大なり小なり新しい風を吹き込むような気分や出来事が

これから増えていくのではないでしょうか。

 

結婚も「生き方を変える大きなターニングポイント」のひとつです。

木星が蠍座に滞在している今は、パートナーシップを深めるのにとても良い時期でもあります。

 

ということでまたまた宣伝↓↓↓

 

婚活ねのひの会

 

こちら、まだお席あるようです。

興味ある!という方はお早めにお申し込みくださいね。 お申込みはこちら


参加者の皆さんの「こだわり」や「固定概念」を一回とっぱらって

その奥に眠っている「本当に求めていること」に気づけるよう

セラピスト3人でご相談に乗ります。

 

すでにお申込みしてくださった参加者さんの命式やホロスコープを見ながら

どうやって斬り込もうか考えているところです。

楽しみにしていてくださいね!

 

そして興味ある!という方はどうぞお早めにお申し込みくださいね♪

お待ちしています!

 

Posted by 八雲あかね at 10:56 | 星のこと | - | -

去年の私を褒めてみる

天王星が牡牛座に入りましたね。

 

私は山羊の初期度数(0度火星・3度太陽・9度水星)と乙女座の初期度数(0度天王星・10度冥王星)

にそれぞれ天体を持っているので

牡牛0度の天王星でタイトなグランドトラインができます。

ここから2021年の春頃まではそのグラトラが断続的に続くことになります。

 

山羊は2ハウス(お金)、乙女は10ハウス(肩書や名誉)、そして牡牛は6ハウス(仕事)。

占星術のお勉強をするときに学ぶ『仕事とお金の質問はここを読む』をきれいに備えた配置となりますww

 

2021年というのは、算命の大運でも司禄星大運から禄存星大運へという流れだし

インド占星術でも還暦フィーバーがくるという予測

このグラトラを上手く活用したいものです。

(そのためにも2020年までの山羊土星期間がすごく大事、ともいえる)

 

 

天王星が牡羊座に入って変わったこと。

牡羊は私のネイタルの5ハウスから6ハウスにかけてなのですが

一番大きく変わったのはやっぱり《自分の仕事場を作った》ことでしょうね。

 

ちょうど去年の今日。

もっと計画的に資金を貯めてから、と思っていたのに半ば衝動的に「部屋借りたい!」と不動産屋さんに行きました。

 

借りたい部屋の条件の他に、仕事で使いたい(占い師)ということも全部バカ正直に伝えたところ玉砕(笑)

不動産屋さん曰く、物件はたくさんあるけど住みたい人優先、商用に使って欲しくない、占い師ってどんなことするかわからない

等々の理由で大家さんからOKが出ない。んだって。

 

やっぱり無理なのかな〜時期じゃないのかな〜としょんぼりしながら家に帰ったんだけど

もう一回だけチャレンジしてみようという気持ちになったんですよね。

その時になぜか、どうせダメ元で探すんだから一切妥協はやめようと思ったんです。

条件も譲らないし、住むと嘘をつく(そういう方が借りやすい)ことも、仕事をごまかすこともしない

それで見つからなかったら、すっぱり諦めるつもりでした。

自分の家と比較してそれより不便になるならお金出して借りる意味なくない?っていうのもあったし

バレたらまずい、と心に抱えていたくなかった。

 

でもお店に行って断られると心が折れるかも、ってことで

駅から徒歩5分以内・トイレとお風呂が別・フローリングで家賃〇円まで、という

スゴイ強気な条件で検索して、ヒットした物件の中からいいなと思ったのを選んで

問い合わせ欄に「占い師をしてる・昼間仕事場として使いたいがそれでもいいか」と書いて送信しました。

 

そしたらその日の夕方に、

「大家さんにはまだ確認していないけど、この物件には既に部屋を仕事で使っている人がいるので、仕事の内容にもよりますが許可が出る可能性が高いと思います。」と返事が来た!

その流れで翌日内見、翌々日には審査が通り、さらにその次の日に大家さんからのOKも出て契約。

問い合わせから契約完了まで5日間。

あれよあれよという間に話がまとまって、自分で申し込んでおきながら夢を見ているようでした。

 

借りるにあたっていくつかの条件(看板は出さない、住所を名刺やネットに公表しない)はあったけど

そこは全く問題なかったし、

なにより担当してくれたのが若い女性で、「占いってどんなことするんですか?」とか

「黒いカーテンとかで演出をするんですか?」とかノリノリな感じで対応してくれたのがすごく良かった。

 

 

ものすごく勇気が要ったし、今も大丈夫か?って不安にならないわけではないけど

この場所があってよかったと思うことの方が圧倒的に多いから

あのとき「借りるなら妥協もしたくないし、ごまかしたくない」と譲らなかった自分偉い!

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:03 | 星のこと | - | -

牡牛座新月〜天王星牡牛座入り

今日は新城で星読み講座『苦手と向き合う土星講座』でした。

小さいお子さんがいらっしゃるお母さんたちからのリクエストだったので出張で伺ってきました。

 

おやつ食べたりおもちゃの取り合いで泣いたり講座の途中に休憩という名のおむつ替えタイムがあったりという、和やかな雰囲気の講座となりました。

それでもちょっとでも聞き漏らしたくない!という勢いで聞いてくださいました。

小さいお子さんがいらっしゃる場合は、お子さんが安心できておもちゃや遊べるものがあると

比較的落ち着いてお話ができるように思うので

講座を受けたい場合、来ていただくよりは出張での講座をお勧めします。

むしろ、小さいお子さんがいらっしゃるお母さんの方が

算命学や星読みを知ることが、自分を知る→家族を理解するにつながることで

楽になる面が多いような気もします。

 

☆☆☆

 

さて今夜は大きな天体イベントがあります。

このあと20:48に牡牛座新月、からの、日付が変わって間もなく天王星が牡牛座に入ります。

 

社会天体の土星や、世代天体の天王星以遠の天体が星座移動するときはやはり何かしら影響がありますね。

特にスピード感や勢いのある牡羊座から、牡牛座への移動になるので

物事の進み具合がこれまでとは違ってくるのは当然のことです。

駅や空港で「動く歩道」ってあるじゃないですか。

動く歩道の上を歩いていて、歩道の切れ目に普通の通路に変わるとき

ちょっとつんのめって、おっとっとってなる、あんな感じ。

(実際天王星にとって牡牛座はフォール(転落)という居心地の良くない場)

 

人によってはこれまでのスピードが落ち着いてやれやれ〜となったり

ちょっと停滞感を感じる人もいるかもしれません。

慣れるまではあまり焦ってジタバタしないことをお勧めします。

 

 

天王星が牡牛座に入ると、世の中は今よりもうちょっとシビアになってきます。

山羊座にいる土星・冥王星との関係で、ふわふわした夢や理想よりも

実際に何を・どうして・どんな結果を出すか。ということに価値が置かれるようになる。

ああしたい、こうしたいとどんなに夢を膨らませることよりも

そこに近づくために具体的に何をして、どんな形になったかのほうが重視されます。

 

牡羊座に天王星が滞在した7年の間に、自分を変えることを恐れなかった人たちは

新しく変わった部分を定着させるような期間になると思います。

これまで「これが私」と思っていた概念を覆すことが天王星の働きなので

何かこれまでとは違和感がある、もうこのままでは嫌だなと感じる、そういう兆候があるときは

思い切ってその衝動に従ってみてください。

 

どんな場面で、どんなタイミングで、というのは人それぞれなので

気になる方は鑑定の際などにお尋ねくださいね。

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:44 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile