ミズマチ先生のセッション会ありがとうございました!

昨日(4月14日)は、ミズマチユミコ先生を東京からお招きしてのセッション会でした。

早速ブログに書いてくださっています。「豊橋鑑定お礼・自分の心に向きあうツール」

 

u

肝心の顔が映っていない・・・雰囲気は伝わるでしょうか。

 

最終的に10枠9人を鑑定していただきました。

メニューは西洋占星術・水晶リーディング・オーラリーディングとありましたが

殆どの方が水晶リーディングを選択されていました。

 

水晶見て何か見えるの?怪しくないの?と思われるかもしれませんが

そこは土成分の多いミズマチ先生、アドバイスは非常に具体的でわかりやすいです。

ちなみに、ミズマチ先生と私は構成成分が非常によく似ています。

土サインに天体が多い・月金星は火のサイン・月木星海王星のハードアスペクト持ち

一見真面目で堅実そうに見えるけど中身は意外にぶっ飛んでいる、らしい。

 

水晶リーディングは、「自分が思っていないことは出てこない」そうで

皆さん絵を見て解説を聞いているうちに、「あ〜、そうですよね」となったり

「私こんなこと思ってるんだ〜」となったり。

カードよりさらに自分の内面と向き合うことになるので、実は深いセッションです。

でも終わるときは皆さん「すっきりしました!」と笑顔になられるので

終日和やかな雰囲気でした。

 

今回の会場は豊橋の「かぁやん商店」さん。

かぁやんのお弁当ありき、でスケジュールを組んだと言っても過言ではないです。

 

何度食べても美味しい。

 

私は鑑定時間中ずっとカウンターの特等席で、

かぁやんがお弁当を作っているところを見ていたので

いかに手間暇かけているかということを目の当たりにして、感動していました。

 

 

前にも少し書いたんですが、今回の企画はいろいろ想定外でした。

こういうイベントを企画した時、これまではあっという間に埋まることが多かったのに

今回は出足がゆっくりでした。

(今にして思えば早めに告知して募集期間を長くしたのは吉でした)

正直途中で、大丈夫だろうか?と心配になったし、

ミズマチ先生も気にして何度も告知してくださったり。

でもカードやペンデュラムで聞いてみても「気にしなくていいよ」と出る。

 

そうこうするうちに1枠また1枠と埋まっていったのですが

明らかにいつもとはお客さんのタイプが違いました。

鑑定するミズマチ先生が牡牛という固定宮だから、お客さまもまた

じっくり考えてから決める、というタイプの方が来られてるような気がしました。

 

実際お話を伺ってみると、ミズマチ先生が大好きで会いたかった!という方もいたし

トナカイのお店日記が大好きで、いつか行きたいと思っていたら

今回愛知に来られると聞いて申し込みました、という方や

私のブログやFBを見ていてくださって、面白そうだなと思っても

いつもすぐに満席になって機会がなかったので、今回やっと来れましたという方も。

結構遠くから来てくださった方も何人かいらして

ちょっと大げさですが、自分の中の既成概念がひとつ外れたきっかけになりました。

そんなこんなで水晶リーディングの体験レポへ続きます。

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:19 | 勉強会・講座 | - | -

インナーチャイルドカード体験会&講座ありがとうございました!

こんにちは、八雲あかねです。

 

今週は【たまき祭り】

メインイベントはこちら!

 

 

午前は、カードに触れて知って楽しむ『体験会』

午後は、小アルカナの世界を堀りさげる『勉強会』の二本立て。

 

 

こんな感じの雰囲気で始まりました。

会の最初に、『今日のこの体験会がどんな一日になるか?』という質問を立てて1枚引き。

 

 

ワンドの3。妖精たちが軽やかに飛びながら音楽を奏でています。

楽しい一日になりそう。

 

 

午前中は、インナーチャイルドカードの世界を知る体験会、ということで

実際に触れて大きさを確かめたり、広げていろいろな絵柄を見比べてみたり。

《大アルカナ》《小アルカナ》という種類があること、

《小アルカナ》はコートカードという人物札と数札があることや、

ワンド・クリスタル・ソード・ハートという4つのグループがあること

などを解説していただきました。

 

まずは実際にやってみよう!ということで

《大アルカナ》《コートカード》《数札》からそれぞれ1枚引いてやってみます。

質問は『この勉強会は私にとってどんな意味がありますか?』

 

おおぉー‼こんなん出ました〜

 

大アルカナ:大きなテーマ →アラジンと魔法のランプ(マジシャン)

コートカード:どんな立場で →クリスタルのシーカー(ペンタのナイト)

数札:求められる行動 →ワンドの4

 

私にとってこの勉強会は

自分には無理かもという不安を乗り越えて自信をつけたら、そこから新しい企画やアイデアがどんどん育っていって、今までとは違う自分を発見できるかも♪

という感じでしょうか。

 

今回は本当に一受講者の立場で参加してるのでお気楽ではありますが

頭のどこかに、これを仕事に使おうとしたらどうなんだろう?っていうのがあるのかも。

 

引いたカードをみんなでシェアすると、同じ絵柄を見ても受け取る感想が違うんだねーみたいなことがリアルにわかるので、誰かと一緒にカードを引いてみるっていうのは大事ですね。

 

 

今回の勉強会、私にしては珍しく募集型で企画したので

犬山、豊田、半田、名古屋、新城、豊橋、と県内のいろんな場所からお越しいただいて

初めましての方も何人かいらっしゃいました。

最初はどうしても知っている人同士でかたまってしまう傾向があるので、昼食後あみだくじで席替えしてみました。

 

 

午後は、『小アルカナ:四元素と数の原理』

数が持つ意味と、スート(四元素)の意味をかけ合わせながらカードの解説をしてもらいます。

同じ数のカードでも元素が違うと表現や印象がまるで違うことや

同じスートで展開される数札は「5」とか「8」とかの単独ではなくて緩やかに続いていくもの

これを越えないと次には進めない、とか、終わりは次のステージの始まりでもある、とか

本を読むだけ・一人でカードを触っているだけではわからない世界観が

玉紀先生の言葉から流れ込んでくる感じがとても面白かったです。

 

 

午後も実際やってみましょう、ということで3枚引き。

午前とは違ってすべてのカードを混ぜて使います(引き方としてはこちらが一般的)

私も含め、デッキを持ってきている人が何人かいたので2〜3人ずつのグループに分かれて

実占のときと同じように、シャッフルやカットなど自分なりの手順を決めて

それに則って引いてみます。

 

テーマは、過去・現在・未来 でも、現在・課題・アドバイス でも

自分でテーマを決めていいということになりました。

 

 

私は先日の獅子座満月で手放した親との関係についてどういう意味があったのか、

過去現在未来で引いてみました。

過去は自分にたくさんの学びと経験を与えてくれた。未来はまた別の新しい家(家庭や居場所や仲間)ができるから、今はちゃんと過去を癒して新しい絆を作りなさいね。

という、まんまやん!な結果が出ました。

 

私たちのグループは2人だったのと、二人ともテーマが具体的だったので割とさくさくっとできましたが

他のグループは大アルカナばかりでて解釈に困ったり

先にカードの意味を考えすぎて(〇〇の5だから〜で、とか)ストーリーを立てるのに苦労しているようでした。

 

カードの難しさっていうのは

★カードの意味をきちんと理解する

★明確に質問を立てる

★出たカードを組み合わせてストーリーを立てる というのを

並行して脳みそを稼働させないといけないという点なのかな、と思いました。

特に自分がセッションする側になったとき、質問を絞っていく聞き出し力も必要だよねと思う。

 

例えばカード面白い!ってなったときに

「このカード勉強したほうがいいですか?」という質問には、曖昧な答えしか出ないことが多い

大アルカナとかガーディアンのような、地球を見守るのがあなたの使命 みたいな漠然とした

どっちでもいいんじゃない的な。

そもそもこういう場合は、やるやらないが自分の中でもう決まってるけど迷ってるみたいなケースが多い気がします。

やりたい。でも習いに行くお金が。。習ってもできるか自信ないし。。みたいな。

それよりももう少し具体的に

「このカードを学んだら儲かりますか?」とか「自分にとってどんな意味を持ちますか」とか

具体的に絞れば絞るほど明確に答えを見せてくれます。

 

↑こういうことも、なるほどねーと体験できました。

 

 

ものすごく正直な話、午後の勉強会の内容は本来、せいぜい5〜6人くらいのグループでみっちりとやる意図で作られていますし、当初募集した時も、そんなに人数来ないだろうという予想で告知していたんですね。

それが蓋を開けてみたら、皆さん午前も午後も!というご希望で嬉しい反面不安もありました。

 

カードの世界は広くて深いので、昨日一日学んだからもうすべてがわかる!というのは無理です(キッパリ!)

でも、全然わかんなーい から なんかちょっとおもしろいかも!?っていう

扉の一つは開けられたかな、と思っています。

 

ご参加くださった皆様、丸一日という長い時間お付き合いいただきましてありがとうございました!

また感想などお聞かせいただけたら嬉しいです。

玉紀先生も、(いつものことながら)長くて濃厚なハードワークありがとうございました!そしてお疲れ様でした。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:27 | 勉強会・講座 | - | -

陰陽五行でお絵描き研究会

こんにちは、八雲あかねです。

 

水星が順行に戻って、一気にいろんなことがバタバタと動き出しました。

ま、私は活動宮の女ですのでね、動いてナンボのところがあります。

おかげで書きたいことがたまって、書くスピードが追いつかない。。

 

まずは昨日、東京で開催されたDEEPな会のご報告を。

 

自分の命式を事象に表すとどんな感じか、をイメージするのは

陰占を学ぶときに大事なことです。

私は寒い月(子)生まれの雨(癸)なので氷雨。みたいな感じでイメージします。

これはこれで面白いんですよ。

(氷雨を歌った日野美歌さんも、子月うまれの癸うまれ。天干は全部水!同じく氷雨を歌った佳山明生さんは酉月の壬、秋の海。やっぱり日野美歌さんが歌うほうが氷雨感があるよね、みたいなことをいろいろ連想するのも占いの勉強の楽しさです。)

 

ただ今回はマニアックな会。ただ命式の絵をかくだけじゃなく

大運で回ってきている時期も加味して描いてみましょう、という趣旨。

 

 

こんな感じで和気あいあい。

 

描いた絵を順番に見せてシェアするのですが、個性があって興味深いのです。

占い師さんの集まりなので、絵を見ながら解説や感想が飛び交うのがまたいい。

 

私は、自分の中にまだ未発達な部分(でもとても大きい資源)が眠っているようで

そこを開拓するのがこれからのテーマみたいです。

同じテーマが一日の中でいろんな人の口から何度も出てきていたのも

非常に不思議で面白かったです。

 

五行のことを知らなくても描ける(その場合は説明者の力量がいる)けど

ある程度十干十二支の意味が分かったほうが、描いていてもより楽しいと思います。

今年お勉強する仲間が増えたら、お楽しみ企画としてやってみたいかも。

 

 

終了後ランチを食べてから上野へ。

上野公園の中に東照宮があるということで、ご案内していただきました。

改修工事が終わったばかりで、金ピカ。

 

上野公園の中には、穴倉の中に祀られているお稲荷さんや

「四神相応」の考えを基に江戸の町を設計したといわれる天海上人の髪塚などもあって

見どころがたくさんありました。

 

お茶を飲んで外に出る頃には、イルミネーションも。

上野公園はお花見で有名だからか、桜をイメージしたピンクのLEDのひかり。

 

 

この日はお楽しみがまだいくつかあるのですが、それはまた次の記事で。

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 21:47 | 勉強会・講座 | - | -

土星と付き合う

こんにちは、八雲あかねです。

 

先週、仙台に行ってまついなつき先生の講座を受けてきました。

『土星で老後の安定土台を組みあげていく講座』

 

私はもう土星期目前。なので、これから土星をどう活かすかっていうことより

現実に今ちゃんと使えているのか!?っていうのが気になるところです。

もともと山羊座に天体過多、支配星である土星も山羊座。

なのでへんてこりんな使い方はしていないとは思っているんだけど

2020年にはサターンリターン、2024年にはt冥王星が土星の上に乗っかるわけで

どんなことが起こるの?とガクブルするわけです。

 

 

結果、講座の内容はとても面白く、私はちゃんと土星を使えているようです。

おしまい。

 

 

・・・・これじゃ、身もふたもないので50歳以上の人で知りたい人にはシェアします。

それより若い人は、土星はもちろん大事だけど、もっと先にやることがあります。

苦手だな、嫌だな、ということから逃げずに向き合うこと。

逃げても生きていけます(ただし結果は保証されない)

課題に向きあえばそれなりの結果はくれます。土星はそういう星。

 

 

講座の中で土星期(55歳〜)にどういうふうに生きていたいか、

という人物像を描くのですが私はほぼそれに近いことをしてて

自分の方向性とかが間違ってないんだ、ということもわかりました。

 

私がこれから思い描くあれこれは、ふわふわした夢や願望じゃなくて

確実に実現させていくこと。

「イメージを現実化するブルドーザー」という称号をmaruさんにいただきましたが

なんだ、そのとおりでいいんじゃん。っていう感じです。

 

 

ということで今も、やってやるぜ!というあれこれを胸に温めているところです。

昨日の満月に友人とこっそりシェアしましたが

せっかくなのでお正月、年が明けたら来年の手帳に書きこんで

ブログにも書きますね。基本、有言実行が好きなタイプです。

 

Posted by 八雲あかね at 12:50 | 勉強会・講座 | - | -

うれしい悲鳴

こんにちは、八雲あかねです。

 

今朝お知らせした「自動筆記リーディングの会」みなさんの反応が熱い!

 

今の時点でわかっている情報をババン!と開示しますね。

もう12月だし、鬼も笑うまい。

 

1/31(火)maruさんのセッション会(開催場所は刈谷か岡崎の予定)

 

普段の活動が豊橋寄りで、なかなか西三河でやる機会がないので。。

刈谷だと、名古屋からでも来やすいかと思います。

開始時間やメニューはまだ未定です。年明けには告知できるはずです。

今しばらくお待ちください。

 

そして、これが嬉しい悲鳴なのですが

お目にかかる機会の多い豊橋・新城方面の皆様から

こっちでもやって欲しい、というリクエストいただきまして

先ほどmaruさんにお伺いしたところ、ご快諾いただきましたので

 

3月 豊橋・新城方面でセッション会開催します!!

 

こちらはまだ日にちまで確定していません。

年明けにお目にかかる機会があるので、その時にご相談してきます。

東三河方面にお住いの皆様は、こちらの開催会をご利用くださいね。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:42 | 勉強会・講座 | - | -

【ありがとうございました】自動筆記リーディングの会@豊橋

こんにちは、八雲あかねです。

 

11/30(水)は東京からまるごとmaruさんをお招きして

豊橋の「かぁやん商店」さんにて自動筆記リーディングの会を開催しました。

 

 

自動筆記リーディングというのは、maruさんがその人をイメージした時に浮かんでくる

「影響のあった過去世」と「今のテーマ」を絵に描いて説明してくれるセッションです。

以前からすごく興味があって受けてみたいと思っていたので、

9月に東京に行った折に受けてきたんです(自動筆記リーディング受けてきた!

 

その時の絵がこちら

 

過去、ものすごく身分が高かった故に、どこかへ行く自由もなく

対等に話せる相手もいなくて非常に孤独だったから

今世は、心を許せる仲間と協力し合って生きる、というテーマがあると。

 

これがすごくわかりやすくて面白かったので

愛知でやってくれないかな~と思ってお願いしたところ快諾いただき

開催の運びとなりました。

 

今世のテーマは幅が広くて、今抱えている課題の人もいれば

今年のソラリタと同じテーマの人も、これからやりたいと思っていることの人も

実際に取り組んでいる生き方や仕事に関する人も、本当にいろいろでした。

この今世の生き方に一番影響していると思われる過去世のイメージと

2枚の絵を並べて見ながら解説を聞くことで、なるほど!と納得する感がすごいです。

 

そしてこの過去と今の絵ですが、その時に出てきた課題やテーマをクリアすると

また別のイメージがちゃんと現れてくるということです。

過去世は一つじゃないし一瞬でもなく、ずっと流れている時間のほんの一部だから。

年に一回とか定期的に受けて、自分のテーマを確認するもよし

なにか大きな節目の際に受けて、取り組むべき課題を知るもよし

もちろん単純にエンターテイメントとして楽しむもよし。

 

maruさんはいつも対面で会ってから絵を描かれているそうですが

今回初の試みで、事前に名前だけでその人をイメージして描くことに

チャレンジしてみたそうです。

意外に先入観無しで描けるので本質が見えやすいのと

そのぶんセッションに時間をかけられるのでいいかも!と仰っていました。

いつかメールで申し込んでもOKのメニューも出るかもしれませんね。

 

 

そして、いつも周りの人に言ってあっという間に埋まってしまうことで

他に人に知ってもらう・受けてもらう機会が少ない、という反省をしまして。。

次回は完全にオープンに告知・募集する流れでやりますよ。

 

次回は1月31日(火)。日にちだけはもう決定しています。

自動筆記リーディングの他にも興味深いメニューをいくつかご用意いただけるそうなので

場所と内容が固まり次第、こちらのブログやFBなどでお知らせします。

お楽しみに!

 

Posted by 八雲あかね at 10:27 | 勉強会・講座 | - | -

【開催御礼】十二支と十二従星の会@新城

こんにちは、八雲あかねです。

 

今週は月曜日から

★十二支と十二従星の会@新城

★奥三河堪能ツアー

★自動筆記リーディングの会 とモリモリでした。

 

一つ一つが濃密濃厚なのにそれを3日連続とは。

さすがの私も何が何やら。。です。

 

おいおい各所からレポが上ってくるかと思いますが

まずは新城での十二支と十二従星の会のご報告とお礼を。

 

今回は場所が少し不便な場所にあることと、内容が少しマニアックになることから

(どうしてそうなったかは後述)

集客はそれほどではない、と予想をしていました。

きっと集まる人は少ないだろうから、その分こってりと合宿風味で学ぶのも

楽しいんじゃないかな、なんて思っていたんです。

 

ところがどっこい。

最初の予定の倍。定員締切りからの〜キャンセル待ち受付からの〜増席。

それも4枠の鑑定枠よりも先に講座が埋まるという初めての現象でした。

 

会場になったお宅は緑が豊かな山間の町中にあって

明るく居心地の良いお家でした。

 

いつもの講座では割合の多い身強さんがこの日は少数派で

座る場所は自由に選んだはずなのに、ちゃんとベストなポジションに合った人が座るという不思議。

 

内容は、「やさしい算命学」より少し踏み込んだ内容で、ということで

講座が終わった時に、あ!わかった!!とならないかもしれないけど

時間をかけてじっくり理解が進んでいくことを楽しんでくださいね、という解説付きで。

 

最初のうちは説明していることがちんぷんかんぷんの様子だったのが

ん?あそうかー、になって最後、そうかそういうことか!みたいに

変化していくのを見ているのがすごく楽しかったです。

 

実はこれでもまだまだ入口。ここから先も深くて面白い世界が待っています。

どうぞ皆さんのペースで何度もおさらいして楽しんでほしいです。

 

ちなみに、この講座で「十二従星」いわゆる天将星とか天報星とかの出し方を学びましたが

「算命学基礎講座」の方では、命式の立て方から十大主星を出す(人体星図をつくる)やり方を

学んでいきます。興味のある方はぜひ!(サラッと宣伝)

 

 

今回の新城の主催者さんは、もしかしたら私よりもトナカイ(玉紀さんが属している占いの場所)フリークで、

お店日記や、所属する占い師さんのブログとか読み込んでいて

行きたいけど、子供が小さいから東京に行くのは今は無理かなと思っています、なんて仰る。

おまけに4月の「お江戸進出記念イベント」(プロフィール写真に使ってるコスプレしたとき)で

初めて生玉紀さんに会ったときの、あまりの挙動不審ぶりが可愛らしくて

「東京に行くのは無理でも、家に呼ぶのなら叶えてあげられると思うんだけど、協力してくれる?」とお願いしたわけです。

 

講座に集まってくれた人たちは、彼女の

面白い〜、でもはまる〜、玉紀さんに会える〜という幸せな葛藤を間近で見て

興味を持ってくださった方が多かったんじゃないのかな?と思いました。

 

そしてこの日は身弱さん率が高かったせいか、終始ふんわりと和やかなムードでした。

なによりご主人が非常に協力的で、お部屋の片づけとか当日お昼用の焼き芋とか

いろいろおもてなしの準備をしてくださったり、

帰宅後も主催者である奥様が鑑定中だったので、そのままお子さん二人を遊ばせながら

夕飯の支度をなさる。それがものすごく当たり前に自然な感じで。

私たちがおいとまするときにも、お子さんたちが(お母さんどこ行くの!?)みたいな感じでぐずったら

「じゃあみんなで行こうか!」と車を出してくださって。さすがの禄存中心。

 

玉紀さんに年間通して来てもらって、いろんな場所や人とご縁を作ってもらえたらいいな〜という

年初のふとした思い付きから始まったことが、ものすごくよい形で着地したように思います。

やってよかったっていうのと、無事に終わってよかったっていう安堵の気持ちと

これが来年以降どういう形になって返ってくるんだろうという期待とでうれしい一日でした。

 

来年も形を変えて企画は続きますよ。

次は2月。今度はインナーチャイルドカードでなにか、と企画しています。

お楽しみに!

 

 

Posted by 八雲あかね at 23:40 | 勉強会・講座 | - | -

おさらい会

こんにちは、八雲あかねです。

 

6月に、東京から天海玉紀さん(⇒)をお招きして「やさしい算命学」を開催しましたが

昨日はその「おさらい会」がありました。

参加してくれたのは7名。

 

こういうお勉強会の時難しいのは、参加している人の知識とか意欲に

差があることなんですが、昨日参加してくれた皆さんは凄く熱心でした。

家族分の命式を出して色塗りしていたり、メモがびっしりだったりで。

すごく面白いけどはまると抜けられなくなりそうで怖い(笑)という感想もいただきました。

 

(ふっふっふー、おもしろいぞ〜はまると楽しいぞ〜)という念を送っときました。

 

 

内容は、前回のテキストをざっと読み返して説明して

十大主星の特徴とか、その相剋関係などのお話をメインにしてみました。

テキストに書いて無いこと、東京で参加してきた十大主星の研究会で体験した

星ごとの個性みたいなもの、

その星を持っているからこそ意識しなくても出てしまう特徴とか

生身の人から語られる、体感を伴った言葉だったり、みたいなことを話しました。

だから腑に落ちやすいというか、なるほど〜!って理解しやすい。

昨日参加して話を聞いた人はラッキーだし、私も東京まで通った甲斐があったと思いました。

 

11月にまた玉紀さんをお招きするんですが、その時は

「やさしい算命学から一歩踏み込んだ世界」というリクエストもいただきました。

場所も遠く(新城)、個人のお家なのでキャパも少ないので少数精鋭でやりたい

ということらしいです。

私個人は、そういうの嫌いじゃないですが、どうなるでしょう?

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 11:55 | 勉強会・講座 | - | -

覚悟があるかないか

こんにちは、八雲あかねです。

 

昨日は『仕事とお金のお話会』第2回目ののお試し開催でした。

 

1回目は、テキストを読みながら説明するだけ

2回目は、説明の前後に書き込み式のワークを挿入

時間的には1時間ちょっと。なのでテキストの内容をもう少し厚めにしたり

ディスカッションの時間なんかも検討するといいかな、と考えています。

 

昨日はお試し開催なので、

『(サラリーマンの奥様のための)開業届けを出す前にやっておくと良いこと』も

併せて説明してみました。

本格的にお話会をやるようになったらオマケではなく、

これはこれで独立したコンテンツにしたいです。

私は経理や財務のプロではないんだけど、だからこそ知らなかったことや

やっておいてよかったことや、失敗したことがネタになるんだなと思う。

 

 

余談ですが、私は今年の1月に扶養家族から抜けました。

金額的にはまだ扶養家族でいられる程度の所得なんだけど

ここから先の伸びしろを期待して、チャレンジしてみたかったので(←バカです。お勧めはしません)

今度は夫の会社の健保組合から

「被扶養者資格確認のお願い」っていう書類が届きました。

こんな書類、扶養家族だったときに見たことが無いので

所得税法上の扶養家族の対象かどうかちゃんと確認して申請してね、ってことです。

130万超えたら、健康保険も抜くからね、という確認ね。

 

普通にお勤めして自分で負担していた時も、夫の扶養家族になっていた時も

天引きされるので、目に見えない実感のないものだったけど

個人事業主になるとリアルに見えてくるものがいろいろあるな〜と感じます。

 

 

だからこそ。

 

覚悟って大事だと思うよ。

仕事をする、という覚悟。仕事で報酬を得る、そしてそれを維持し続ける覚悟。

自分にかかる費用は自分でまかなうんだという覚悟。

夫がとか子供がという言い訳をしない覚悟。

 

FBでは、好きなことをして月に○十万・○百万稼げるようになりました!

的な記事を時折見かけます。それは夢物語でなく現実にあると思う。

ただ、そうやって成功した人たちはきっと、とてつもなく大きな覚悟をしてる筈。

 

自分の好きなことはこれ!と自信をもっていること

誰に何を言われても揺るぎなくいられること

たとえば、家で近所で子供の学校で、「浮いてしまうこと」を恐れないこと

嫌われても構わないときめること。

どれほどの腹のくくり方をしているんだろうって思います。

 

そういう人たちの「好きなことを楽しそうにして稼いでいる」

部分だけ見て真似してもムリに決まってて、

やっぱり駄目だった〜、あれは△△さんだからできるのよね〜と言って

次のキラキラした対象を探して真似してみる人が多いよね。

一生そのまま、変われないと思います。

 

きっかけは、仕事とお金に関する話だけど結局は生き方の問題。

どんな生き方にしたって、誰かが何とかしてくれると思ってるうちは無理だ。

自分にできることはなんだろう?と思うところからがスタートじゃないでしょうかね。

 

もし今後、お話会とかを企画するにあたっては

子育てが終わって、ここから自分の第二の人生をどう生きようかという人に向けて

やっていこうかなと思っています。

Posted by 八雲あかね at 08:52 | 勉強会・講座 | - | -

自動筆記リーディング受けてきた!

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は東京で講座を受けた後、トナカイでまるごとmaru先生の

自動筆記リーディングを受けてきました。

以前「カレーを食べる会」で豊橋に来ていただいた折に

イベント対応で描いていただいたことがあるのですが、

今回ブラッシュアップされたという情報を得まして。

(こちらの記事です⇒

せっかく講座でご一緒するので、鑑定の予約も入れたというわけです。

 

私の後に玉紀さんも予約を入れていたので

「一緒でいいですよ〜」ということで同席してのセッションです。

天将と天禄を前にして、すごい圧迫感だったことでしょう。

 

描いてるあいだは自由にしてていいということなので

ぺちゃくちゃお喋りしながらまつことしばし。

描いてる時のmaruさんはこんな感じです(玉紀さんの写真を拝借)

 

 

できあがった絵はこちら。

 

 

左(時代性を超えた古い画像)

高貴な身分の高い人、誰かに顔を見せたり直接話したりはしない。

御簾の中に入ったまま、話をするのも人を介している。

非常に敬われているが、誰とも対等に付き合えずどこにも行く自由がなく孤独。

 

右(今のテーマを示した画像)

畑を耕している。孤独で自由が無かった過去を踏まえて

なんでも自分の手で作ったり生み出したりしたい気持ち。

そしてそれはひとりじゃなく仲間と共に。

それぞれがお互いの得意なことを分担したり協力しながら作って

出来た作物をみんなで分け合って食べる。

 

なるほど〜と聞いてる私の横で、玉紀さんがゲラゲラ笑っています。

 

実はですね、この「個として生きる自分」と「他人と生きる自分」の対比は

ここのところずっと共通するテーマだったんです。

以前maruさんに描いてもらったときは、一輪の大輪の真紅のバラと

そのエッセンスを薄めてたくさんの人にスプレーする、という絵。

あんこさんにイメージ画を描いてもらったときは

一人でいかだを漕いでいる自分と人が集まる囲炉裏端

インナーチャイルドカードのモニターセッションの時は

「誰にでも愛想を振りまいたりはしない、自分に誠意をもって向き合ってくれる人に

自分のできる精一杯をしてあげる」「自分を大事にする=相手への敬意」

 

つまるところ私のホロスコープ上で空っぽの7ハウスや

明日木星が移動する天秤(私の山羊太陽とはスクエア)が象徴すること。

あるいは、自分の中心星の貫索と現在年運や大運で回ってきている司禄との

相剋関係のようなもの。

 

なので、「誰に見てもらっても同じテーマが出る!うける〜」ということ。

 

その直前の講座の最中、ブログは何のために書くかという話から

貫索は基本主観しかない、というようなことを言ったんですけども

「揺るぎない自己が合ってのあの発言なわけか〜」と

maruさんも唸っていました(貫索石門がないので自己を貫くというのがよくわからないそう)

 

でも、高貴でだれかに一目置かれる、という本質は変わっていないのだから

もっと特別感を出していったらいい、自分が表に出なくても何かの監修的なことを

すると良い、と言われてまた隣でゲラゲラ〜、私もびっくり!

 

実はですね、まだ正式告知されてないので詳細は言えないんですが

昨日そういう企画のオファーを受けたんだよ、という話を

お昼に玉紀さんに話したばかりだったんです。

 

で、お内裏様(のような人)の前に立っているのは

赤い花で出来たぼんぼり。なんだそうです。

とにかく赤、赤を意識して!あとちょっとの金と。

赤は、「八雲あかね」という名前を考える時からずっとキーワードでした。

とにかく、自分に鳳閣調舒の成分が無いので、服や持ち物で

暖色系を補えと言われて、一時期カバンの中身が赤とピンクとオレンジだらけだった。。

そしてさっき帰宅して最初に、ぼんぼり部分を赤く塗りましたYO.

 

 

いやーここまでわかるんだ、ホント驚きです。

受ける前玉紀さんと

「私たちはおっぴろげだからもう何も隠すものなんてないよねー」なんて

おちゃらけていたのに、こんなことまでお見通しなのね。。

 

 

先日のイベントで使ったという「アサガーヤの葉」のおみくじ

引かせてもらいました。

 

なんかもういろいろそのまま過ぎでした。

 

あ、そういえば扇子持つといいよと言われました。

秋からまた着物着るので、常に携帯したいと思います。

でも今のままだと、女講談師にしか見えない気がするので

高貴な出らしい品のある所作も身につけたいものです。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 00:18 | 勉強会・講座 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile