更年期うつ

2度目のサタリタは、だいたい56〜58歳くらいの時期にやってきますが

女性の場合、その前後の時期に更年期を迎える人が多いのではないでしょうか。

 

更年期の詳しい説明はこちら→

 

ていうか、もうそろそろサタリタだから何かあるかも、っていう人より

なんとなくモヤモヤしてすっきりしないのは更年期のせい、と考える人の方が

圧倒的多数だと思いますが。

 

私が、いわゆる更年期の不定愁訴を自覚したのは去年の夏です。

 

なんとなくやる気が出なくて、だるいし疲れが取れないし

どちらかというとネガティブな方に気持ちが向く。

 

7月に、オフィスのオープン1周年記念があっていろいろイベントを企画したんですが

実はあの時内心はとてもしんどかったです。。

自分の内側からやりたい!という情熱が湧いていたというより

やろうよと言ってくれる人がいて、楽しみにしてくれてる人がいるから

頑張ってやらなくては、と思っていました。

完全に自分のからだの声を無視して、頭考えたこと優位で動いてた。

頑張らなくちゃダメ、ちゃんとしなくちゃダメ、できないって言っちゃダメ。

 

で、イベントが一通り終わって一息ついた後に眠れなくなりました。

 

もともと丈夫で寝込むこともほとんどなく、

食べられない・眠れない、とは無縁で生きてきましたから。

(インフルエンザのときでさえちゃんと食べられるし、熱は1日で下がる)

食欲がなくなるほうならまだしも、夜眠れないのは

寝不足で頭がぼーっとする以上に、

このまま眠れなかったらどうなっちゃうんだろう?という恐怖心のほうが強かった。

 

「元気さ」にゲージがあるとしたら相対的に見れば、

普通の人の普通の状態よりまだ元気メモリは上なのかもしれなくても

絶対的(自分の感覚)にみれば、もうものすごく落ちている感じ。。。

身体も丈夫な上に身強でもあるので、強いけどがさつであったので

普通の人はこういうしんどさを抱えているんだな、ということを

ぼんやり考えていた記憶があります。

 

結局、市販の睡眠導入薬を服用して

これがダメだったら医者に行こうと決めたら

安心したのか、普通に眠れるようになりました。

今は特に問題なく過ごせています。

 

サタリタも、更年期も、あと算命の中年期から老年期の切り替わりも

だいたい同じような時期に集中してやってくる。

60年くらい前の平均寿命はちょうど60歳くらいだったわけで

寿命が延びた現在でも、やっぱりこの大きな転換期をどう乗り越えるかは

とても大事なことなんだな、と改めて思います。

若い頃と同じように!と無理をするとガクンとダメージがくるから

50代後半になったら、これまでと同じにはできないという理解と自覚をもって

ちょっとシフトダウンしてみることが必要です。

 

 

ただ、個人的に、「閉経後のおばちゃんはいろんな面で無敵」だと感じているので

移行期だから注意が必要で、ちょっとしんどいだけ、だと思ってますけどね。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:35 | 2度目のサタリタ案件 | - | -

ゴージャスなサタリタが3倍

我が家は娘以外の3人がみんな山羊太陽&山羊土星。

ご丁寧なことにご家族そろってサタリタ案件。

 

息子はそもそも私がサタリタの時に産んでいて

来年早々にサタリタを迎えます。

何年か前から、30歳を目安に一回家を出て、とは言ってある。

この前友達の結婚式に招待された、という話から

同期で結婚していないのは自分ともうあと一人だけだと言ってたから

なにかしら考えるところはあるのかもしれない。

 

夫は今年のお正月にソラリタでした。

昨年の夏ごろ、定年まであと残り1年というのを意識したころから

なんとなく言動が変わってきた感じ。

サタリタのタイミングは通り過ぎているけれど

夫の太陽は私の土星と近いところにあるので

私がサタリタをどう乗り越えるかは、彼の人生になにか影響があると思う。

 

「夫が定年を迎えました。息子が結婚しました。

私はこれまでよりもっと自由にあちこち飛び回るようになりました。」

みたいなことが、一番ソフトな着地点だと思うけど

ほら、やっぱり基本人体実験好きだし、

ハードな経験は「ネタができた♪」って嬉しくなっちゃう性質だからさー

 

ゴージャスなサタリタがトリプルでくるなんて

占い師としてはものすごくワクテカしてるし

一個人としてはものすごく怖くもある。

 

考えて答が出ることでもないので

タピオカでも飲んでリラックスしよう

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:45 | 2度目のサタリタ案件 | - | -

2度目のサターンリターン

占星術で○○リターンとか○○回帰という言葉を使いますが

聞いたことありますか?

 

よく知られているのはソーラーリターン。

あと最近は28歳前後で巡ってくるサターンリターンも

知られるようになったのではないでしょうか。

 

ソーラーリターンは1年に1度、太陽が、生まれたときの太陽の度数と同じ位置に来るとき。

サターンリターンは、約28年に1度、土星が生まれたときの土星の位置に来るとき。

 

私は今年誕生日が来ると58歳になりますが、年明け3月に2度目のサタリタがやってきます。

一般的に最初のサタリタは、親の作った人生のルールから出て

自分が1人の独立した大人になる、というポイントです。

就職や結婚、出産などの出来事がわかりやすい現象で出ることが多いです。

(私は2人目の子を出産した)

慣れ親しんだ環境から出る、大人としての自覚と責任が肩に乗ることから

なかなかしんどい時期だったりもします。

 

2度目のサタリタは、これまで生きてきた人生のまとめみたいな感じかなと捉えていました。

働いている人なら定年退職のタイミングだし

主婦の方だと、子どもが就職や結婚などで自分の手を離れたり

親を見送ったりして、これから第2の人生ね。というタイミングでしょうか。

なので、1度めに比べるとそんなにヘビーじゃないのかなと思ってました。

 

が。

 

私の場合、ネイタルの土星と運行中の土星がぴったり合になるのは

2020年3月10日なのですが、その半年前にあたる今年の6月くらいから

あれ?これってもしかして土星案件。。?ということが出てきました。

それは出来事だったり感情だったりいろいろだけど。

 

ご丁寧なことに、来年土星は私の土星の上を通り過ぎた後

逆行してまた引き返してから去っていくので

合計3回通っていくことになるのと

そこに冥王星と木星がもれなくセットでついてくる。

 

冥王星がくるということは、徹底的に

一回死んで生まれ変わるくらいの覚悟で臨まないといけないのかも。

そういう見通しや推測ができると、占いやっててよかったなと思います。

 

基本人体実験好きなので、冥王星絡みのサタリタが

どんな風にやってきて、それをどんなふうに乗り越えていけるのか

自分自身のジタバタ加減を記録していきますね。

 

昨日友人と交換セッションをして

「サタリタを乗り切るためになにをしたらいいか?」と質問したら出てきた。

 

自分が持っている何かを一度ひっくり返すか捨てる

ハードルは高ければ高いほど良くて

ちゃんとした人にサポートしてもらうといい らしい。

 

Posted by 八雲あかね at 09:53 | 2度目のサタリタ案件 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile