満月恐るべし

こんにちは、八雲あかねです。

 

今年になってから、実家との関係にちょっと波が立っていて余裕がありませんでした。

なにかトラブルがあったというのではなく、気持ちの上で整理がつかない

頭で考えて理解しようとすることと感情で受け止めることが乖離して

もう辻褄を合せられなくなってきてて

昨日はそれに一区切りをつけてきました。

(二度と会わないとか疎遠にするとかそういう物理的なことではないですけど)

 

 

昨日は獅子座の満月でした、それも半影月食を伴うパワフルな満月。

朝なんとなくチャートをみたら、自分のMCと月に満月がピッタリ乗っていました。

 

新しい自分になる、肩書が変わる、生まれ直す

そのためにいらなくなったものを手放す、そういうタイミングだったんだ

自分が考えたこと決めたことを満月が後押ししてくれるのかもしれない

なんてぼんやり考えたり。

 

 

そして別件で、もともとあった予定が変更になって昨日の夜に

友人のソラリタを読むために出かけて行きました。

着いたら不思議なセッションの最中で、そこに立ち会う形になったのですが

どうしても自分も受けたくなってお願いしたらやっていただけることに。

 

最初に「大きな手放しのタイミングでしたね」と言われたとき

私よりも一緒に聞いていた友人が「はぁー」と反応して、ちょっと肩の力が抜けました。

 

その日の午前中にあったこと、自分がこれまで抱えてきた気持ち

そんなあれこれを包み隠さず話しました。

 

親のダブスタな価値観が苦しかったというけれど、本当は悲しいのに泣きたいのにそれを自分が自分に許していなくて、自分自身が一番ダブスタを強要してるよね。

「泣いてもどうにもならない、泣いた後どうしていいかわからない」そういう気持ちをいったん忘れてちゃんと泣いてあげて。

心の中でいいから、亡くなったお母さんのことを考えたり甘えたりして、子供の時に味わいたかった感情をちゃんと味わって、子供をやり直して。

心が今、すりガラスみたいになっているけど、それを透明にするためのマジックリンは自分の涙だよ

 

こんなふうに言われて私も泣いたけど、それより先に友人たちが「全米が泣いた」と映画の宣伝みたいなことを言いながら泣いているから、なんか悲しい涙じゃなくて泣き笑いみたいな温かい涙になった気がします。

 

アロマのボトルと、カラーボトルを自分で選ぶんだけど

苦手とは言わないけど好きでもない、とちょっと離れた場所に置いたアロマが

Childhood Trauma>という、子供のころのトラウマを癒すオイルだったり

カラーもちゃんと今の状況に合ったものを選んでいるし、不思議。

 

問題発生したり、いろんなセッションを受けることになったり

そういうのが今年に入ってからの一ケ月ちょっとで立て続けに起こっていて

どれもこれも、私が今までずっと胸の奥の奥の、自分でも忘れてるような場所に

光を当てるような出来事に繋がっていった感じです。

本当はものすごく純粋な子供の心をもっているんだよ、とか

自分の4ハウス(家とか母とか)が壊れているんだ、とか

本当は気づいていて出したかったのに、出すことで周りの大人を困らせるから。。

小さな小さな子供の時から大人のフリをして生きてきたことは

もう終わりにするときが来たみたいです。

 

もしこのセッションが年末とかだったら、きっと聞けなかったし受け付けなかっただろうから、

タイミングっていうのは、自分の手を離れた大きな流れに乗ってやってくるものなんでしょう。

 

 

 

私だけじゃなく、友人たちもそれぞれ「え〜〜!」とか「まじで!?」とか

そういうあれこれを掘り起こされていて、満月恐るべし!な夜でした。

Posted by 八雲あかね at 10:16 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile