ヤギ様の椅子〜水晶リーディングレポ

さて。

 

ミズマチ先生のセッション会、最後の枠をちゃっかり予約していたのは私です。

選んだメニューは水晶リーディングです。

聞きたいことを言わずに、ただ思い浮かべてくださいと言われて待つことしばし。

 

 

いきなりですが私のリーディング結果はこれ。

 

今回のリーディングは5つキーワードで構成されているそうです。

 

1.問題、障害

波止場でギターをかきならしている。小林旭ぽい。背景にはレインボーブリッジのようなきれいな橋。だけど全体的にチープで、セットのような感じ。そしてここには観客がいない。

 

2.自分の気持ち

雪もないのにそりのようなものに乗っている。小さなランタンを持った人と向き合っている。奥に見えるのは植物でできたアーチのようなもの。

 

3.環境、または相手の気持ち

まんなかにあるのは金色に光る「いいもの」それをみんなで囲んでいる。だけどその真ん中が黒く澱んでいる。そして周りを囲んでいる人の中にあかねさんがいるようだけど見分けがつかない。

 

4.結果

教会の中、窓を背にしてはりつけにされている

 

5.アドバイス

立派な椅子に座っている。帽子の高さが身分の高さを表している。手に持った本(経典?)を読んで聞かせている。

 

しょっぱなの絵から「なんだこれ♪」とクスクス笑いながら描いてくださいました。

 

 

思い浮かべた質問は仕事について。です。

 

自分がなんとなく考えたり感じたりしてたことが、ここまであからさまになるんだ・・

ということに驚いて笑うしかない。

 

ここのところずっと、自分の立ち位置とか方向性とかについて迷いがあったんですよ。

現在逆行中の金星と土星が、ずっとネイタルの金星火星にアタックかけてきてたから

気持ちも後ろ向きだったし。

やりたくないことはやりたくないって、ちゃんと言わなくちゃという気持ちもあったし

そういうのが如実に出ちゃっていましたね。

 

「実際3と4は問題だと思うんですよ。」

ミズマチ先生がまじめな顔で仰るので、私の背筋も伸びます。

なにしろ[はりつけ]にされちゃうんだから。

 

「呼んでもらっといてこんなこと言うのもなんですけど、こうやって私たちを呼ぶスタイルはもうやらなくていいと思うんですよ。もしやるとしたら今回のようなサポートではなくて、同じステージに演者として上がらないと。むしろあかねさんのイベントのついでにゲストで呼ぶくらい、そういう立ち位置じゃないと」

「はりつけ、っていうのは崇高みたいだけど、実際一人で泥をかぶらされる、みたいなこと。矢面に立たされるとか、面倒や責任だけ背負わされて損する、そういうことが起きる可能性があるっていうこと」

 

思い当たること・・・・ありありです。

個別にこんなケースがあって、みたいなことは書きません。

特定の誰かをディスりたいわけじゃないし、実際決定的ななにかがあったというよりは

小さいことが重なって重なって溢れた、というほうが近いので。

 

なんでこうなっちゃうんだろう?

最初は「こういうふうに進めていきたい!」って明確に意思をもっているのに

いつのまにかグダグダになってしまう。

「月木星海王星のハードアスペクト持ちは、浸食されやすいから<こんなはずじゃなかった>ってなるんだよね」とミズマチ先生。

そうなんですね。。ちーん・・

 

 

アドバイスの絵は、タロットの法王のようでもあり皇帝のようでもあり

立派な椅子に座ってどんと構えて動かない感じ、なんだそうです。

そういえばお正月に受けたときも「動かない」っていうのはキーワードだった。

 

早く自分のサロンを作って、自分が行くのではなくお客様に足を運んでもらう。

私はそう感じたけれど、ミズマチ先生のアドバイスは

「日本全国どこでもできる[あかねコンテンツ]をつくること」だそうです。

どこに招かれてもヤギ様用の椅子が用意されている環境、だそうです。

 

 

今すぐになにもかもをガラリと、というわけにはいきませんが

仕事に対する気持ちとかやり方とか

そういうのを少しずつ変えていこうと思います。

(たぶん気持ちの上ではとっくに方向転換してたはずだけど)

 

お茶会とか、オープンでやってみようかな。

 

 

Posted by 八雲あかね at 14:55 | こんなセッション受けました | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile