疫病守護の茅の輪

なにかと落ち着かない今日この頃。

こんな時期でなんですが、昨日は京都に行っていました。

 

昨日は己巳の日で、弁才天にお参りすると良い日だからということで

友人と、どこの弁天さんに行こうかと話をしているとき

京都の八坂神社で茅の輪が設置されているというのを知りまして

これは!ということで行ってきたのです。

 

 

 

茅の輪とは本来、夏越の大祓の際に設置されるもので

これをくぐると無病息災のご利益があると言われていて、本来は時期外れのもの。

ですが、八坂神社では今回のコロナウイルスの収束を願って設置したのだとか。

ちなみに、前回臨時で設置したのは1977年(明治10年)コレラが流行した時だそうで

実に143年ぶりのことのようです。(→こちらの記事を参照しました

 

円山公園のしだれ桜

 

観光客はいつもの年に比べれば本当に少なかったけど

想像していたよりはいて、お店によってはお昼時にすごく行列ができているところもあって

不思議な感覚でした。

一日も早くコロナが終息することと、通常の平穏な生活が戻ることを願いながら

茅の輪をくぐってきました。

 

Posted by 八雲あかね at 16:22 | 交流・おでかけ | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile